2319 note

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
準備中

 制 作 日 : 2008年8月頃
 パターン : フリルミニスカート(パターンハウス)
 生   地 : スムース ぶどう(Rick Rack)


ものすっごく無計画に。
ふと作りたくなって、数分後には断裁してました(笑)
確か作ったのは夏の終わり。
なので、秋冬用として生地選びました。
おととしくらいから続いてる、マイブーム色の紫♪
端処理は巻きロック推奨だったので、巻きロックで。
何気にちゃんとお洋服に巻きロック使うのは初。
しかも、あのビロビロとしたフリルにはやったことがなかったので、とりあえず試し縫い。
同じスムースのハギレでやってみたけど、うまくいかない。
作動をおもいっきり伸ばし縫いにするも、びみょーなかんじで。
やはりこの中肉のスムースがいかんのかな~。
もうちょい薄手のやわらかいものがいいのかしら。
ロックミシンお持ちのみなさま、ロックの説明書って超不親切だと思いません??
基本的な使い方というか、概要はかいてあるんだけど、いざ使うとなるといろいろ疑問アリで。
その答えがどこにもかいてないので、手探りなんです。
今回の巻きロックも、メスをロックするのか解除するのかさえもかいてなくて。
ネットでしらべたら解除だとか・・・ホントかな?
でもロックした方がキレイに丸まるんだけど、細かいフリルにはならないのです。
大きなフリルにならなるんですが~。
荒技もネットに書いてあったので、正式な使い方ではないですがニットをひっぱりながら巻きロックすることに。
なんとかフリフリになりました。
でも巻きロックってすっごい糸使うし、進みも遅いのね。
4本くらい巻きロックしたのかな。
1時間くらいかかってます!
距離も長かったしね~。
でも巻きロックの糸が明るめの紫をえらんだおかげで、いいかんじの差し色になってます♪
巻きロックさえ終わってしまえばあとは縫うだけ。
フリル寄せとかは大変だったけど、いいかんじにしあがりました!
で、着せてみるとフリルがものすっごいボリューム。
カワイイんだけど、こんなんだっけなぁ~と仕様書を見てみると、端処理は「巻きロック」であって、「巻きロックでフリルを作る」というわけではないのです。
だって生地でギャザーよせてフリルつくるんだもん。
巻きロックでフリルつくる必要なんてないのよ。
なので、倍ほどのフリルができあがりましたよ(^^;
あまりじっくり仕様書を読まずにすすめていたので、「巻きロック=巻きロックでできるフリル」と思い込んでました(苦笑)
ま、カワイイからいいか~。
この大量のフリルが人の目をひくのか、結構知らない人からも褒められるのです。
でも巻きロック脱線しまくってるんだけどね~(笑)
スポンサーサイト
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。