2319 note

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
準備中

 制 作 日 : 2009年8月頃
 パターン : ボックスティッシュケース(Rick Rack)
 生   地 : ビニコ ドット(CHECK & STRIPE)
         C&Sのセットものの布(CHECK & STRIPE)
 スナップ : クローバー MSV(ism)

以前自作した【ティッシュボックスカバー】
このときはネットを探しても、市販型紙を探しても、どこにもこんな形のティッシュケースの型紙がなくて、やむなく自作したもの。
市販の完成品は雑貨屋とかに売ってるんだけど、見てみると簡単に作れそうな気がして。
箱の大きさを測って、自作してみたのでした。
(最近服屋に行っても、作れるか作れないかを買う基準にしてる自分がいます 苦笑)
型紙を自作することってあまりないので(特に小物はほとんどない!)反省点もたっぷり。
これはバイヤスが好きな人じゃないと厳しいパターンだな、と思いつつ。
仕事が忙しくなったりして自作パターンの改良を放置。
そのうちに、RRさんからパターン発売!
しかもそのときの予約金額が諭吉超えしたらプレゼントとな!?
諭吉超えを狙ったわけじゃないけど、超えてました。
あぁでも予約だったので、発表から到着までの時間が長いこと!
ホント、待ちわびたパターンでした。

まず、生地選び。
ホコリっぽい某所に置くものを作りたかったので、お掃除楽チンなビニコに決定。
ホントはこのドット柄の薄いブルー?グリーン?そんなパステルカラーのビニコで作りたかったんだけど、ビニコセットのものだったので残念ながら用尺足らず。
同じくビニコセットだけど、別の時期に発売されてたものが結構大きくて。
余裕で断裁できました♪
内布は、同じくC&Sさんのセットものに入ってた薄手の生地。
バイヤスは以前1m買ってきたリネンを3時間ほどかけて、すべてバイヤスにしたものを使用(あんときはホントしんどかった…)
ビニコ対策で、シリコン押さえもすでに購入済み。
これでスイスイ進められるわ~♪と思ってたのですが、やはり両面外表で縫わなきゃいけない箇所がでてきて。
そうなるとミシンの作業台とビニコが貼り付いて動かないんですね~(^^;
やっぱり薄紙は必要なのね。
あまり使いたくないのに~。
だってキレイに破れないんだもん。
ビニコ以外の生地だとアイロンかけてしまえば破りやすいんだけどね。

そしてバイヤス。表面はキレイに見えるけど、裏はバイヤスに乗ったり乗らなかったり。
こんなのでいいのかなぁと思ってRRさんに質問。
そしたら、このレシピは表面からキレイに見えるような作り方なのでOKです、とのこと。
RRさんにOKもらえればそれでいいや~ってかんじです♪

作り方も型紙も、やっぱりシロウト考えの【コレ】とは違いますね。
作りやすいし、キレイ。
ちょっと用尺はいるけど、簡単なモノが一番です。
そしてバイヤスのカーブの縫い方も書いてあって、その通りにやるとホントきれいにぴたっとおさまりました。
感動的なくらい!!
ずっとバイヤスでカーブを縫うときはどうしたらいいのか疑問だったんです。
意外なトコロで解決しました(笑)

スナップでちょっとヨレてしまったけど、そんなの気にしません(←気にしろ!)
かなりお気に入りができました☆
ホント簡単なので量産したいと思います。
まだまだ箱のままのティッシュはあるのよ~♪
スポンサーサイト
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。